プロフィール - 【公式】一般社団法人笑顔の絆プロジェクト~楽しい人権講話ナビゲーター首藤雄三~

プロフィール

 

首藤雄三プロフィール

首藤雄三

大分県臼杵市で1958年生まれの58歳、現在は大分市の病院職員として働いている。生まれつき右上半身に赤いアザがあり、その病名が判明したのは2015年10月、病名は『クリッペル・トレノニー・ウェーバー症候群』と言う難病だった。
 
その翌日にアザや病気の理解を深めて欲しいと上半身の写真と病名をFacebookで公表したところ、偏見や差別に悩む人たちから「心の支えになった」「勇気をもらった」などと世界各国インターネット上で共感が広がっている。既に5700人以上がこの投稿をシェアし2,4万人以上が「いいね!」を押した。
 
多くのTV出演をはじめ新聞・ネットニュース等の取材を受けている。なかでもヤフーニュースでは注目度ベスト3位になった事もある。
 
2016年2月29日付けで指定難病の承認を受け、さらには42歳の時に脳出血を発病した後遺症で右半身不随の重度障がい者でもあるが『魔法の天使笑顔の絆』を合言葉にして、混合型脈管奇形(アザ)をまずは知って貰う事と、アザに対する偏見・差別・迷信を少しでも減らしてアザを隠さなくてもいい世の中にする活動を主に「スマイルと勇気の配達人」として各地を訪問しています。
 
楽しい人権講話ナビゲーターとして活動をしながら、3年後の定年退職を機に「一般社団法人笑顔の絆プロジェクト」を設立し活動中です。

 

首藤雄三 生い立ちギャラリー

 
 

講演依頼・お問い合わせ

プロフィール活動内容講演実績メディア講演依頼参加者の声

ご寄付のお願いリンク集お知らせ更新履歴プライバシーポリシーサイトマップ

© 2017 【公式】一般社団法人笑顔の絆プロジェクト~楽しい人権講話ナビゲーター首藤雄三~ All Rights Reserved.