活動内容 - 【公式】一般社団法人笑顔の絆プロジェクト~楽しい人権講話ナビゲーター首藤雄三~

活動内容

 

活動内容のご紹介

首藤雄三
 

2015年7月11日(月) 自らのアザを公表し、難病への理解と、ありのままに生きることの素晴らしさをお伝えするため、講話・講演会活動をおこなっております。
 
大分県内外を問わず、ご依頼頂ければ全国どこでも出張講師を承ります。
交通費・宿泊費(県外)は実費頂戴しておりますが、講演料はお気軽にご相談ください^^
只今、全国の中学校や高等学校での講演会をはじめ、PTAや地域の集まりでの講話など、たくさんご依頼頂いております。
 
「ありのままの自分」を認め、自分の人生に誇りをもつ。まず自分を好きになることが大切です。
この講演会を通じて一人でも多くの方に生きる勇気と喜びを感じてもらえれば幸いです。
 
「僕の存在で勇気が持てる人がいる事。僕の講演会を心待ちにしてくれる方がいる事。天使笑顔の輪が徐々に大きくなっている事。」
そんな想いを胸に、楽しい人権講話ナビゲーター首藤雄三は元気に頑張ります!
興味をお持ち頂けたならばぜひお気軽にご相談ください。
今後共よろしくお願い申し上げます!

 

Q&A~講演会ご参加者より~

Q.今はあざのことをどう思っていますか?
A.58年間僕に寄り添ってくれた心友(親友)です。
 
Q.あざがなければよかったと思ったことがありますか?
A.愛する女性と結婚出来なかった時が最初で最後でした。
 
Q.親を恨んだりするようなことはありませんか?
A.まったくありません。感謝こそすれ恨むなんて考えたこと
もありません。そりゃあざで一人苦しむこともありました。
でも楽しいことの方が数倍ありました。楽しむのも苦しむのも
生きている証し、苦しんでいる自分も楽しもうヨ。
 
Q.あざのことでの苦しみをどうやって乗り越えてきましたか?
A.まず自分を好きになる。そして「ありのままの自分」を認め
自分の人生に誇りをもてば、何てことないです。あざで苦しむ
時間が勿体ないその時間をもっと有効に使いたいと思えば、
あざで苦しむなんて小さい小さい。ガハハハ~~
 
Q.Facebookで.傷つくコメントもありましたか?それはどう対応しましたか?
A.昨年の10月からFacebookで活動を始めてから4~5件ありましたが、何事もないように削除&ブロックをしました。僕には目的があってFacebookをしているし、そういう輩より数倍の方が応援してくれている。そのことを忘れてそう言うコメントに対して言い返したりショックを受けたりするのは本末転倒だしその時間が勿体ないと思う。2チャンネルは最初から見ない事が肝要。
 
Q.今一番楽しいことはなんですか?
A.あざを通じて出会いがある事。鶴見丘高校で講演会が出来たこと。僕と会いたいと言う方が沢山いて会いに行くこと。僕の存在で勇気が持てる人がいる事。僕の講演会を心待ちにしてくれる方がいること。天使笑顔の輪が徐々に大きくなっている事。これら全てあざが無ければ何もない。
 
Q.これから世の中で一番大切なことは何だと思いますか?
A.個人それぞれが自分の「ありのままを認め」相手に対して存在のすべてを認める事。その上で話すことが大切だと思う。必要な努力と必要でない努力を見極める事。
 
Q.私はどうしても恥ずかしがってうじうじしてしまうときがあるのですが、どうしたらもっと自信を持てるのでしょうか?
A.もっともっと自分を好きになりましょう。うじうじしてしまう時間が勿体ない、その時その場面はもう二度と無いかもしれない、うじうじしていなくてそこでの要件をキチンと済ませ次の場面に行かないと乗り遅れるヨ。時は帰って来ないヨ。
 
Q.まわりと違う所を一度マイナスに考えてしまうと引きこもりたくなります。そんな時どうやって気持ちを立て直していますか?
A.僕も人間なので落ち込むこともあります。時間を決めてから落ち込むようにしています。最大長くても一日です。そしてこの落ち込んでいる間に何が出来たか自分に問いかけます。とにかく行動します無理矢理でも何か行動します。
 
Q.つらい思いをした時支えてくれた人や事はありますか?そういうときに周りにいる私たちはどう接すべきでしょうか?
A.僕も辛いことがあった時に支えてくれる人がいました。そんな時はその人に甘えて話を聞いてもらいました。先にいろいろしてもらうとせかされているようで辛い、何かをしてくれる訳でもなく寄り添ってくれる安心感、少し落ち着いた時に「何か手伝う事があれば言ってネ」の一言が嬉しかった。
 
Q.前向きに生きていくための元気になる「ことば」を知りたい。
A.『なせば成る』『まずは行動あるのみ』
 
Q.ネガティブな自分に「贈る言葉」をください。
A.『お前の人生はそれでいいのかぁ~~』
 
Q.自分の長所を見つけるのにはどうしたらいいですか?
A.長所は自分で見つけるものではないと思います。長所は周りから評価して貰う事だと思っています。しかし、短所は逆です。短所は自分で見つけて(周りに聞いても良いです)早めに直す努力が必要です。直らなくても良いのです直す努力をしていれば人は気づいてくれます。

 
 

講演依頼・お問い合わせ

プロフィール活動内容講演実績メディア講演依頼参加者の声

ご寄付のお願いリンク集お知らせ更新履歴プライバシーポリシーサイトマップ

© 2017 【公式】一般社団法人笑顔の絆プロジェクト~楽しい人権講話ナビゲーター首藤雄三~ All Rights Reserved.